×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



視力低下の原因について

視力回復トレーニングを行う前に、なぜ視力が落ちたのか、視力低下の原因について知っておくことはとても重要なことです。

たとえ視力回復トレーニングを行って、視力が回復したとしても視力が低下した根本的な原因がわかっていなければ、また同じことを繰り返してしまい、せっかくのトレーニングが水の泡になってしまうかもしれません。

最低限必要なことだけでも知っておくようにしましょう。視力低下の原因は様々なものがありますが、その中でも3種類の近視と病気(症状)が大きな原因であると言われています。

視力低下の原因

仮性近視

子供によく見られるものです。近くの物を見ると毛様体筋の緊張がゆるみ、角膜や水晶体が厚くなります。しかし長時間見続けることによって、毛様体筋が緊張し、うまく調節できなくなって、遠くを見ても水晶体が厚いままで網膜の手前でピントを合わせてしまい、遠くの景色がぼやけて見えるようになります。こういった状態の近視のことを仮性近視といいます。

屈折性近視

網膜までの距離である眼軸は正常ですが、近くを見る生活(パソコン、テレビ、勉強など)を続けたため、毛様体筋の緊張が続き、水晶体をうすくできない状態が常になって(水晶体が近くを見つめた状態で固まってしまい)、遠くを見たときにぼんやりと見えてしまうことになります。

屈折性近視では水晶体が厚いままの状態なので、遠くからの光であっても近くからの光と同じ強さで屈折され、網膜の手前でピントを合わせてしまい、遠くのものがぼやけて見えるのです。多くの近視の人がこの屈折性近視であるといわれています。

軸性近視

屈折性近視と違って毛様体筋のピントの調節に異常はないのですが、眼球が通常より長い楕円形になっている為に眼軸が長く、網膜の手前でピントを合わせてしまい、遠くのものがぼやけて見えるようになります。

軸性近視の原因は遺伝の可能性が高いといわれていますが、明確な原因は分かっておらず、屈折性近視に比べると少ないのですが、網膜剥離が起こる可能性が高いです。

視力低下の症状が表れる病気

糖尿病性網膜症

糖尿病になり、高血圧が続くことによって、網膜症を引き起こします。そして視力低下などの症状が出てきます。しかし進行すると、視力低下どころか失明する可能性も出てきます。

緑内症

視神経の障害で、視野が狭くなる症状です。視力も少しずつ低下していき、最悪の場合は失明することもあります。



Copyright (C) 視力回復トレーニングのすすめ. All Rights Reserved.